ジャッキーつきへいく

森でふしぎなとんがりぼうしみたいなふしぎなものを見つけたジャッキー。中に入って目の前のぼうをひっぱってみると、なんと宇宙へひとっとび!月についたジャッキーはピエロの男の子、ビリーに出会います。ふたりっきりのサーカスのはじまりはじまり。

ジャッキーつきへいく
¥1,300+税
2015年8月発刊
発行:ブロンズ新社

通販サイトへ

絵本のレビュー

この絵本では月に1人で住みながらサーカスの練習をしている、ビリーという新しいかわいいキャラクターが出てくるので大好きです。
ジャッキーとビリーのお別れのシーンで、ビリーがジャッキーのむねにお花を咲かせるシーンはとても印象的でした!
ロケットの中にあるウーリーとアントンのロケットの設計図を、ジャッキーが月を旅行している間に完成させていて、細かいところにも面白さがあるなと感じました!
ビリーがまた登場する絵本があればいいなと思います!

(10代/女性)

つきへいったジャッキーがであった、ビリーというおとこのこ。
ひとりぼっちで、サーカスのなかまが、かえってくるのをまつビリーがせつなくかなしい。
なかまと、であえたのかどうか、つきをみるたび、きになります。

(60代/2人のママ)

×
×